液状化防止対策
液状化はこうして起こる!だから、砕石パイルは液状化に強い!

●液状化現象は、簡単に説明すると、もともと水分と土が均質に混じっていたものが、地震等の振動で分離され、局所的に水圧が高まることによって発生します。●砕石パイルは、この局所的な水圧を砕石間の隙間で吸収できるので、液状化対策になるのです!

液状化のしくみ

アクパド工法は液状化防止工法として特許を取得しております

 アクパド工法ではサウンディングデータ及びボーリングデータを基に、文献に基づく計算書により液状化の判定を行い、それによる最適のパイル配置を決定します。

 また戸建て住宅では地表面より3.00m程度、大型物件では5.00mの 非液状化層を設けることで、液状化の影響を抑えることが出来るとされています。(下図参照)

液状化はこうして起こる!だから、砕石パイルは液状化に強い!

アクパド工法の液状化防止対策!
施工事例(ベタ基礎) 施工事例(独立基礎)