「アクパド工法」とは?
アクパド工法の施工方法
#   #   #
         
1)掘削開始   2)掘削(掘削圧密)   3)掘削(掘削圧密)
1.オーガ逆回転。
2.空気・水・噴射。
  3.掘削開始。※空気は横吐出。
ロッドを上下させ掘削壁と圧力球根を構築しながら徐々に深度を下げる。
地盤が固い場合は正回転掘削(掘削)、軟らかい場合は逆回転掘削(圧密)。
  4.所定深度に達したらエアーリフトアップ効果により、孔内の雑物(軽石、木片等)を除去する。
#   #   #
         
4)掘削完了・アクパド杭築造開始   5)アクパド杭築造(繰返し作業)   6)アクパド杭完了
5.オーガーは最後まで逆転状態。
6.砕石投入開始
※空気は継続吐出。
  7.地盤改良機の重量を反力として地盤改良機を支持できるまで底辺部の圧密を行なう。
断続的に砕石の投入を行ないオーガー先端のくさび形ノズルビットを砕石に圧入して投入砕石を鉛直方向、水平方向に押し込む。
  8.鉛直方向、水平方向に圧密された砕石杭の構築完成。
 
アクパド工法の施工機械
 
アクパド工法の施工完成
  戸建住宅 ベタ基礎完成   砕石パイル完成   掘削孔内部状況
           
 
戸建住宅 ベタ基礎完成
●パイルの基本配置は等間隔配置となります。
 
砕石パイル完成
●仕上がり高さは現況GLまで
●深基礎・ハンチ部も設計GLに合わせて、自由に掘削できます。
 
掘削孔内部状況
●特許工法により、掘削孔壁がケーシング無しできれいに形成されています。
 
全国アクパド(ACPD)工法協会
 
地盤改良工法
 
「地盤改良工法」